強迫性障害(強迫症)のある人が、仕事をするための対処法は? 症状安定と仕事の両立、仕事を探すとき利用できる支援についてご紹介します

2019/01/30
強迫性障害があると、仕事中に強迫行為が抑えられず苦痛を感じたり、症状を自身の性格のためと思い、適切な治療を受けずに過ごしてしまうこともあります。この記事では、強迫性障害を治療しながら仕事を続ける方法や、治療に専念するための休職などの際に受けられる支援、また周囲に強迫性障害のある人がいる場合に配慮する点や気をつけることを解説します。
監修 : 増田史
精神科医、医学博士
慶應義塾大学 精神・神経科学教室 特任助教
滋賀医科大学 精神医学講座 客員助手

あわせて読みたい

就労支援事業所
を探す