摂食障害とは?症状や種類、原因や病院での治療法について説明します

2019/02/15
摂食障害とは、食事をとるときに何らかの障害があり、日常生活に問題が起きてしまう疾患です。具体的には、極端な食事制限や過食後の嘔吐など異常な食行動があります。異常な食行動の裏に心理的な問題を抱えている精神疾患です。この記事では、摂食障害の定義や症状、原因、治療法や支援先などについて解説します。
監修 : 増田史
精神科医、医学博士
慶應義塾大学 精神・神経科学教室 特任助教
滋賀医科大学 精神医学講座 客員助手

あわせて読みたい