自律神経失調症と診断されたら仕事はどう対処する?仕事が休めないときは?休職・退職を考えるとき、仕事復帰や仕事探しなどについても説明します

2019/02/28
自律神経失調症の治療は長期にわたることがあるため、自律神経失調症と診断された場合は仕事環境の調整が必要となることがあります。この記事では、自律神経失調症と診断されても仕事が休めないときや、仕事ができないほど症状が重いとき、仕事復帰を考えるときや仕事探しの際の対処法などについて説明します。
監修 : 染村宏法
医学博士、日本産業衛生学会指導医、労働衛生コンサルタント、社会医学系指導医。
大手メーカーの専属産業医として勤務後、北里大学大学院産業精神保健学教室において、職場のコミュニケーション、認知行動療法、睡眠衛生に関する研究や教育に携わっている。
こんなことに
お困りではありませんか?
  • ・障害や制度について詳しく知りたい
  • ・障害・疾患の診断が出たが、どうしたら良いかわからない
  • ・自分の特性を周囲にうまく説明できない
  • 仕事ナビのメールマガジンは
    働くことに障害がある方に向けて
    ・専門家による障害解説コラム
    ・ややこしい福祉制度の解説コラム
    ・障害がある人の就職ストーリー
    などの情報を定期的にお届けします!!

    あわせて読みたい