法定雇用率とは? 2018年の法定雇用率引き上げ、今後の推移や達成率、障害者雇用水増し問題などについて解説します

2021/05/20
法定雇用率とは、障害のある人の雇用を促進するために民間企業や国などの事業主に義務づけられた、雇用しなければならない障害のある人の割合のことです。この記事では法定雇用率の対象となる人の範囲や、2018年に行われた法定雇用率の引き上げ、今後の推移や達成率、そして2018年に発覚した障害者雇用水増し問題とその影響などについて解説します。
執筆 : LITALICO仕事ナビ
障害や難病がある人の就職・転職、就労支援情報をお届けするサイトです。専門家のご協力もいただきながら、障害のある方が自分らしく働くために役立つコンテンツを制作しています。

あわせて読みたい