聴覚障害とは? コミュニケーション方法、仕事上の工夫や受けられる支援についてご紹介します

2019/05/31
「聴覚障害」は、音や声が聞こえない、あるいは聞こえにくい障害です。一口に「聴覚障害者」といっても、症状や置かれている環境は人によって大きく異なります。当事者・周囲の人とともに、聴覚障害の多様性を理解しておくことが重要です。この記事では、聴覚障害についての基本的な知識を説明した上で、聴覚障害のある人が仕事をする際に行える工夫について紹介します。また、周囲の人が聴覚障害のある人とともに働くときにできる配慮についてもあわせて紹介します。
監修 : 平野浩二
ミルディス小児科耳鼻科院長、亀戸小児科耳鼻咽喉科医師
専門領域:難聴・補聴器、聴覚情報処理障害
手話通訳士

あわせて読みたい