気分障害とは?分類・症状・診断から仕事上での工夫や利用できる支援まで解説します

2019/06/28
気分障害はうつ病と双極性障害を含むいくつかの疾患が分類されるカテゴリーの総称で、自分ではコントロールできない気分の浮き沈みにより、日常生活に支障をきたすものをいいます。適切な治療を受けることで改善するケースも多く、治療と仕事を両立できる人も少なくありません。ここでは気分障害の分類や症状を出発点として、治療と仕事を両立させる工夫や利用できる支援まで広く見ていきましょう。
監修 : 大矢希
精神科医
京都府立医科大学 精神医学教室 医員
認定NPO法人 日本若手精神科医の会 (JYPO) 理事

あわせて読みたい