依存症とは?原因や診断、治療と回復のプロセス、相談できる場所について解説します

2019/08/16
依存症とは特定の物質や行為をやめたくてもやめられず、生活に支障が出ることをいいます。本人の意思の強さや弱さとは関係のない脳機能の障害という側面を持ち、医学的な疾患として診断基準も設けられています。本人や家族の力だけで改善するのは難しいケースもある一方、専門機関や周囲の力を借りながら回復を目指すことができます。

この記事では依存症の原因や診断、依存症の相談ができる機関、治療と回復のプロセスなどを解説します。
監修 : 松本俊彦
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 薬物依存研究部 部長/
病院 薬物依存症センター センター長

あわせて読みたい