診断書とは?もらい方、必要になるタイミング、料金や記載内容などをまとめて解説します

2021/05/20
休職や福祉制度の利用、保険の手続きを行う時、診断書が必要になるタイミングは多くあります。しかし、本当に診療すれば診断書を出してくれるのか不安な方も多いのではないでしょうか。本記事では、障害や疾患を理由とした休職や業務の調整、福祉制度の利用などの場面を取り上げ、診断書のもらい方やタイミング、料金や内容について解説します。
監修 : 染村宏法
医学博士、日本産業衛生学会指導医、労働衛生コンサルタント、社会医学系指導医。
大手メーカーの専属産業医として勤務後、北里大学大学院産業精神保健学教室において、職場のコミュニケーション、認知行動療法、睡眠衛生に関する研究や教育に携わっている。
執筆 : LITALICO仕事ナビ
障害や難病がある人の就職・転職、就労支援情報をお届けするサイトです。専門家のご協力もいただきながら、障害のある方が自分らしく働くために役立つコンテンツを制作しています。

あわせて読みたい