障害のある人がもらえる「工賃」とは?どんなときにもらえるのかや、平均金額などについて説明します

2021/05/24
福祉用語で、就労継続支援B型などの就労支援を通じて生産活動を行った人に対して支払われるお金を「工賃」と呼んでいます。雇用契約を結ばずに活動する就労継続支援B型の利用者は、作業に対しての対価を賃金ではなく「工賃」として受け取ることがあります。ここでは工賃がどんなものか、いくらぐらい貰えるのかなどについて分かりやすく説明します。
執筆 : LITALICO仕事ナビ
障害や難病がある人の就職・転職、就労支援情報をお届けするサイトです。専門家のご協力もいただきながら、障害のある方が自分らしく働くために役立つコンテンツを制作しています。

あわせて読みたい