HSPとは?「繊細すぎて生きづらい」特徴や困りごとへの対処、精神疾患との関連について解説します

2021/08/17
HSPは、周囲の環境から刺激を受け取りやすい人を指す言葉です。心理学の分野で研究途上にある概念であり、精神医学上の疾患ではありません。しかし近年「繊細すぎる」「感受性が強すぎる」など、その性質ゆえに生きづらさを感じ「自分はHSPではないか」と考える人も増えています。ここでは、HSPの定義や特徴として一般にいわれるもののほか、精神疾患との関連などについて解説します。
監修 : 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授(応用行動分析学)
公認心理師/臨床心理士/自閉症スペクトラム支援士(EXPERT)
LITALICO研究所 客員研究員
執筆 : LITALICO仕事ナビ
障害や難病がある人の就職・転職、就労支援情報をお届けするサイトです。専門家のご協力もいただきながら、障害のある方が自分らしく働くために役立つコンテンツを制作しています。

あわせて読みたい