統合失調症の仕事復帰は?仕事探しの支援窓口や働き方の形、仕事を続けるコツなどを解説します

2018/12/17
統合失調症を発症すると、長期間の療養が必要となることがあります。また、治療やリハビリを続けてある程度症状が落ち着いても、認知機能や集中力の低下などの症状が残ることもあります。そこでこの記事では、仕事復帰や就職を考えるときに知っておきたい疾患の経過や、仕事探しで利用できる支援機関、働き方の形や仕事を続けていくためのコツなどを説明します。
監修 : 増田史
精神科医、医学博士
慶應義塾大学 精神・神経科学教室 特任助教
滋賀医科大学 精神医学講座 客員助手

あわせて読みたい