失語症とは?原因と症状、言語リハビリ、支援制度などについて解説します

2018/12/14
失語症とは、大脳にある、言葉に関する働きを司る言語中枢が損傷を受けたために言葉を使う機能がうまく働かなくなる状態で、高次脳機能障害の一種です。聞く・話す・読む・書くことに関する能力が低下しますが、失語症の種類により症状の現れ方が異なります。この記事では失語症の原因と症状、損傷部位による種類、回復のための言語リハビリテーションの内容や利用できる支援などについて解説します。
監修 : 芳木宏恵
言語聴覚士。日本言語聴覚士協会認定言語聴覚士(摂食・嚥下障害領域)
関西のケアミックス病院に勤務し、主に成人の失語症・高次脳機能障害・嚥下障害・構音障害のリハビリに長く携わっている。また、退院後の訪問リハビリによる自宅での失語症の支援経験も豊富。

あわせて読みたい