大人のチック症とは?原因や治療法、職場や生活の工夫についてお伝えします

2018/12/26
チック症とは、まばたきや咳払い、首振りや奇声が本人の意思に関係なく繰り返し出てしまう疾患で、日本の行政では発達障害の定義に含まれています。多くの場合は成人するまでに改善・消失すると言われていますが、大人になっても症状が持続するケースもあります。本記事では、チック症の原因や、大人のチック症の治療法や困りごと、職場や日常生活における暮らしの工夫をお伝えします。
監修 : 井上雅彦
鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授
応用行動分析学
自閉症支援士エキスパート
LITALICO研究所 客員研究員
こんなことに
お困りではありませんか?
  • ・障害や制度について詳しく知りたい
  • ・障害・疾患の診断が出たが、どうしたら良いかわからない
  • ・自分の特性を周囲にうまく説明できない
  • 仕事ナビのメールマガジンは
    働くことに障害がある方に向けて
    ・専門家による障害解説コラム
    ・ややこしい福祉制度の解説コラム
    ・障害がある人の就職ストーリー
    などの情報を定期的にお届けします!!

    あわせて読みたい